ヘンク・フィシュ
 

"耕された土地の端で"

2018年5月25日 - 7月14日

展覧会情報

ヘンク・フィシュ
 

"耕された土地の端で"

会 期:

2018年5月25日 - 7月14日


日月祝・休廊

レセプション:
2018年5月26日 18:00-20:00

 ワコウ・ワークス・オブ・アートではこの度、2018年5月25日(金)から7月14日(土)まで、オランダの美術界を代表する彫刻家、ヘンク・フィシュによる7回目の個展『 At the edges of cultivated land 耕された土地の端で 』を開催いたします。フィシュは1950年にオランダのアイントホーフェン(Eindhoven)に生まれ、人間を想起させる独特な形態をもつ彫刻作品の制作を中心に、「不可視であるもの」に対する問いかけを続けている作家です。 詩を綴るような深い思索を制作の起点とし、そこから導き出された様々な思考の様相を作品を通して象ることで、知覚の可能性を物体として表現しています。
 
 本展の中心となるのは2018年に制作された新作彫刻13点です。来日する作家本人がそれぞれに場所を与え、展示空間を構成します。彫刻の周囲には、フィシュ作品のもうひとつの側面である詩的なドローイング約20点が並べられ、独立した物体ともたらされた空間との相互干渉、そして関係性の複雑な折り重なり合いが魔法のように産み出されます。
 今回の新作彫刻では、形態への新しいアプローチが試みられています。これまでと同様、ブロンズ製の鋳造像をベースとしながらも、透けるアクリルやガラス、電気仕掛けの動力、素朴な木片や模型などが組み合わさり、異なるもの同士の同居が繊細に演出されています。フィシュの芸術観には、対象を正確に知るために触れながら造形する制作過程や、その接触の感触自体の表現など、存在と非存在の境界線に注目するという特徴があります。ドローイング作品に描かれる図像も、作家本人が「目を閉じても描けるたぐいのもの」と語る、視覚以外の感覚から導き出されたものです。結合や接触を可視化することで、世界に対する理解と意識の解放のツールが用意されます。

 日本での展覧会は、2012年にフィシュがキュレーションしたアイシェ・エルクメン等との3人展以来6年ぶりの開催です。同時発売予定のドローイング作品によるアーティストブック『 HENK VISCH drawings: Hope everithing is good with you 』には、親交の深い日本人作家、奈良美智との交換書簡も収録されます。

 また、5月26日(土)18:00-20:00には「六本木アートナイト」との関連イベントとして、作家を囲むアーティストレセプションを開催いたします。 是非この機会にご高覧下さい。

後援:オランダ王国大使館

■5月26日は六本木アートナイトのため、開廊時間を22時まで延長いたします。

※展示点数、タイトルは事前に予告なく変更になる場合がございます。
※過去プレスにて、新刊書籍タイトルが旧名称(I hope everything is good with you)と発表されております。正式名称は書籍詳細ページ通りです。

ヘンク・フィシュ Henk Visch

1950年オランダ、アイントホーフェン生まれ。同地在住。ミュンヘン、ロッテルダム、アントワープなどヨーロッパ各地に設置された公共彫刻や、思想の形態を擬人化した立体作品や、詩的なドローイング作品で知られている。最初の作品は560cmの橋で、現在はオランダのクレラー・ミューラー美術館のコレクションに加えられている。ヴェニス・ビエンナーレ(1988)、ドクメンタ9(1992)をはじめ、数々の国際展に参加。西沢立衛建築による森山邸での展示(2006)や、伊東豊雄設計によるシンガポールVivoCity(2006)や北京(2009)でのパブリックアートプロジェクトに参加するなど、アジアでも活躍の場を広げている。近年は2012年にオランダのアメルスフォールト美術館で回顧展が開催された。またこれまで、ミュンスター芸術大学、ハンブルグ美術大学、北京中央美術学院で教鞭を執り、後進の育成にも精力的である。