Gallery Show
 

"グレゴール・シュナイダー"

2017年1月12日 – 2月末

展覧会情報

Gallery Show
 

"グレゴール・シュナイダー"

会 期:

2017年1月12日 – 2月末


日月祝・休廊

昨年末からボンの現代美術館「THE BUNDESKUNSTHALLE」で開催されている大回顧展《Wall before Wall》を記念し、ドイツ人作家グレゴール・シュナイダーのこれまでの制作を巡る作品を常設展示しております。

《Wall before Wall》展詳細はこちら

Gregor Schbeider グレゴール・シュナイダー

1969年、ドイツ・ライト生まれ。同地在住。12歳で作品制作をはじめ、16歳でドイツ国内で個展を開催。2001年第49回ヴェニス・ビエンナーレで「死の部屋」を展示し金獅子を賞受賞。ロサンゼルス現代美術館やK21美術館(ドイツ)、MMK (フランクフルト)などで大規模な個展を開催する他、ドイツ国内に限らずロンドン、ワルシャワ、ミラノ、イスラエル、オーストラリアなどでも個展を開催している。2008年Peill prize受賞。近年はハンブルグ現代美術館やメンヒェングラートバッハ美術館に大規模なサイト・スペシフィックの彫刻/空間を展示している。近年では2011年、インドのコルカタの祭典「ドゥルガ・プージャ」に参加し制作した作品「It's All Rheydt」を2012年ドクメンタ会場付近で展示しようと試み話題となった。現在開催中の国際展、横浜トリエンナーレ2014では新作となる国内初の本格的なインスタレーション作品を展示しした。現在、ボンのTHE BUNDESKUNSTHALLEでは展示空間全体を構築する数々のインスタレーション作品を中心に、大規模な回顧展が開催されている。