Yuji Takeoka
竹岡雄二 

"もうひとつの台座考"

¥ 1,620.-
2016.07.09
18.9 × 11.6 cm
108ページ (カラー図版7点)
寄稿:遠山公一/イヴェット・ディーシヴ/竹岡雄二×梅津元×平野到/建畠晢
翻訳:清水穣
デザイン:森大志郎
口絵カラー写真:椎木静寧
発行:ワコウ・ワークス・オブ・アート
ISBN: 978-4-902070-47-7

国立国際美術館、埼玉県立近代美術館、遠山記念館で開催された、彫刻家・竹岡雄二の国内初の回顧展「台座から空間へ」を記念して、テキストシリーズの第6弾を、遠山邸内でのカラー展示風景を収録して刊行。台座の歴史的な役割と指定文化財・遠山邸における竹岡作品の在り方を論じた遠山公一によるテキスト、竹岡作品に宿る詩性や彫刻という制度を論じた建畠晢によるテキストの書き下ろし2篇に加え、ゲルハルト・マルクスハウスの学芸員イヴェット・ディーシヴによる、竹岡作品における言葉の役割の考察、埼玉県立近代美術館の梅津元/平野到と作家との対話を、多数の参照図版とともに収録。80年代からドイツを基盤にし、一貫して現代アートにおける「呈示」の在り方を追求している竹岡雄二の世界を、多角的なテキストから考察する。デザインは森大志郎。


この本には正誤表があります